高級老人ホーム情報はセカンドホームズ
グループホーム 有料介護老人ホーム ケアハウス 介護老人保健施設 老人養護ホーム 高級老人ホーム登録 相互リンク募集
高級老人ホームを探すなら
高級老人ホームの入居一時金とは?
どういった介護サービスがある?
医療体制を確認しましょう!
返還金とは
介護付有料老人ホームとは?
有料老人ホームに体験入居しよう
老人ホームを見学してみましょう!

セカンドホームズは入居金が高額な高級有料老人ホームをご紹介する情報サイトです。
高級有料老人ホームに入居する際に確認しておく必要のあることなどを
中心に情報を提供しております。



介護保険の利用者が増えています。
高齢化に伴って、当然といえば当然ですが2011年度の介護保険サービスの利用者が 約517万人となり、初めて500万人を超えたということです。 消費税を増税することで、社会福祉への負担をまかなうという政府の一体化案について 増税が進むなかで、社会福祉に当てるべき財源を、公共事業にまわすようなニュースが 流れたときには、あきれ果てました。 一人あたりの介護サービス費用は、おおよそで月に15万円〜20万円はかかり、軽度な介護予防サービスでも 3万円〜4万円程度の負担になるようです。

有料老人ホームの費用について
入居一時金と呼ばれる入居時に支払う金額と月額で掛かってくる費用があります。
パンフレットに記載の費用以外に医療費など費用がかかってきますので、確認が必要です。


高級有料老人ホームの運営主について
高額な入居金がかかる有料老人ホームの事業主体は株式会社が多くなってきています。
宗教法人や医療法人などもありますので、事業主体によってはサービス内容に得意・不得意な部分もありますので、ひとつの視点として見ていくと良いでしょう。


利用権型とは
有料老人ホームは、高額な入居金が掛かるため、不動産のような感覚になりがちですが
利用権を取得しているに過ぎません。またサービスの対価として費用が発生しますのでサービス内容の確認と実際に生活したときに、どういった事ができるのか、または出来ないのかを確認しましょう。


高級有料老人ホーム検討の第一歩
有料老人ホームを検討する際に立地というのは、きっても切り離せない検討項目です。
ひとつの選択基準として、いままで生活していた環境に近い有料老人ホームを選択するというのが、無理のない選択肢となります。また子供や家族からの距離というのも大切な検討項目になります。


有料老人ホームの提携病院とは
老人ホームが案内する提携病院の意味は非常に曖昧 な場合があるので注意が必要です。 提携といっても、病院を紹介するだけといった場合もあります。 老人ホームを選ぶ際には、提携の内容を確認するようにしましょう。

ケアハウスでの過ごし方
ケアハウスに入居後、友人に来ていただくことはできるので しょうか? ケアハウスでは、基本的には自由に家族や友人に 来ていただくことができるようです。 しかし、面会時間が設けられている施設もありますので 具体的には施設のルールを守りながら生活しましょう。

高級老人ホームいろいろ
老人ホームといわれる入居型の施設の中でも、入居する前に支払う入居金が1億以上かかる施設が高級老人ホームといえるのではないでしょうか。 立地や周辺の環境からそうした高級老人ホームも希少価値が高まり人気のある施設も多いようです。

高額介護サービス費とは
要介護者が在宅での介護サービスや介護施設サービスを利用し保険給付を受けた際に 自己負担額が高額になってしまう場合があります。そのときには所得区分に応じた 限度額が設けられていますので、限度額を超えた費用に関しては償還払いがされます。



まずはお住まいの近くで高級有料老人ホームを探してみましょう!

copywright (c) 2009 セカンドホームズ All Right Reserved.